診察するドクター
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
オススメリンク

postheadericon 血液検査で判明する

問診表記入

肝機能障害は、病院での血液検査によるγGTPやGOTの数値異常で発見することができます。肝機能の障害の種類は主に脂肪肝、B型やC型のウイルス性肝炎などです。特に肝炎は慢性化することにより肝硬変から肝臓がんに移行する危険性があるので、専門の診療科を受診し適切な治療を受ける必要があります。

現在の治療は、脂肪肝であれば食事制限と運動、B型・C型肝炎では抗ウイルス薬やインターフェロンの投与が主な方法となっています。

postheadericon 重要

体がだるい人

肝機能障害とは、肝臓の機能である栄養代謝やビリルビン代謝また解毒機能などが、何らかの異常で正常に行われなくなることです。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、自覚症状がある段階では、症状が進行している場合が多い為、自覚症状が無かったとしても、定期的な検査が必要です。

治療は病院で薬を処方してもらうだけではなく、食事のバランスを整え、運動する時間を増やすことでも大幅な改善が期待されています。アルコールを控える、脂身の少ないお肉を選ぶ、揚げるよりも蒸す・煮る調理法を選択する、食物繊維を積極的に摂取するなどが肝疾患の改善に有効です。

治療方法
この病気の治療法は昔からたくさん開発されてきました。

そもそもこの病気の、脂肪肝やアルコール性肝障害は肝炎や肝硬変や肝腫瘍などさまざまな疾患があることからその数だけ治す方法が色々と存在します。

まずこの病気は、過食やアルコールの過剰摂取などが主な原因とされており、この原因を取り除くことで大きな改善につながっていくとされております。

また、ウイルスの場合もあることから薬での治療も行う場合があります。今後、病院でその患者さんに合った適切な治し方の見極めるが重要となっていきます。

postheadericon 役立ち情報

薬治療

肝機能障害は、肝臓の機能に障害がでて正しく働いていない状態を言います。

原因は様々で、長期にわたってアルコールを摂取したことが原因のアルコール性肝障害、薬の服用でおこる薬物性肝障害、ウイルスによる肝炎などがあります。アルコール性肝障害の場合は、病院ではなく基本的に自宅で体重減少やアルコールを減らすなどして生活習慣の改善をし肝臓の負担を減らすことが必要です。ウイルス性は、ずっと症状がでない場合もありますが、B型C型であれば、ウイルスの破壊と増殖を抑える効果のあるインターフェロンなどの抗ウイルス治療がおこなわれます。薬物性は、飲んだ薬が合わなかったり、副作用でおこるので、その薬の服用を止めることで症状が改善されます。

postheadericon 病院の歴史

診察

日本で最初の病院は1557年、ポルトガルの宣教師かつ医者でもある「ルイス・デ・アルメイダ」によって開設されました。古くから漢方薬などの知識は日本にありましたが、外科や内科といった西洋医学が導入されたのはここが初めてであるといわれています。

近代までは病気を治す場というよりも、感染病患者などを隔離する、もしくは貧困層の患者にベッドを提供する場として重宝されてきましたが、20世紀頃から学校や刑務所と同じような設計が用いられるようになりました。さらに20世紀後半からはアメリカを中心として病院に特化した設計思想が生まれ、病気の研究も大幅に進みました。現在は更なる研究が進み、病気を治すだけではなく、患者の痛みを和らげる、患者が快適に生活するといった治療法も確立されてきています。